top of page
ExRoad

国際排出量取引協会(IETA)主催「Asia Climate Summit 2023」に経済産業省、三菱UFJ銀⾏、東京⼤学 FoundXと共にExRoadが登壇

株式会社ExRoad(エクスロード、本社:東京都港区、代表取締役:木村圭佑)は、2023年10月24日(火)から26日(木)にかけ、IETAが主催する国際的なカーボンクレジットに関するカンファレンス「Asia Climate Summit 2023」に登壇します。このサミットでは、気候変動対策の先駆けとなる政策立案者やトップ企業、革新的なイノベーターといった分野のリーダーたちが一堂に会し、脱炭素社会に向けた取り組みや国際的な協力の強化について議論します。

IETA Asia Climate Summit 2023 特設サイト:https://www.ieta.org/events/acs-2023/



「Asia Climate Summit 2023」について

現在、最も重要な国際アジェンダの一つに気候変動があります。その機運は欧米のみならず、アジアでも高まっており、世界中で政府、企業、NGO等の様々な団体が、カーボンニュートラル計画の策定、排出量の可視化・削減、カーボンクレジット等を用いた残余排出量のオフセットといった脱炭素の取組みを進めています。日本においては技術力や資金力も活かしながら、アジア各国と協力し、地域の脱炭素化に貢献をしていく姿勢を明確にしています。より良い未来を次世代に残すため、気候変動対策はあらゆる組織・団体にとって喫緊の課題となっています。


そうした中、京都議定書時代から国際的な排出量取引・カーボンクレジットの議論をリードしてきたNPOである、国際排出量取引協会(IETA)が主催する「Asia Climate Summit 2023」(ACS)が10月24(火)~26日(木)に東京で開催されます。本イベントでは、カーボンクレジットや排出量取引分野における著名な国際機関、政府関係者、企業、スタートアップ、NGO等が一堂に会し、制度、市場、事業機会、技術等、多様な切り口で議論が展開されます。


また、今年のACSは、G7のCarbon Market Platform(CMP)の第8回戦略対話との共催となります。CMPは、G7、及び、関心を持つG20・G77諸国が参加し、効果的で持続可能、且つ野心的なカーボンプライシングの開発等について国際的な協力強化のための議論が行われる場です。


ExRoadは、カーボンクレジット領域で国際的に最も重要なカンファレンスの一つであるACSのゴールドスポンサーを務めます。10月26日(木)の個別セッションでは、経済産業省、三菱UFJ銀行、東京大学 FoundXから気候変動領域で活躍されるスピーカーを招き、弊社代表 木村も参加し「In Depth Outlook for the Carbon Credit Market in Japan」というテーマで講演・パネルディスカッションを行います。


詳細情報や参加申し込みは、IETA Asia Climate Summit 2023 特設サイトからご確認いただけます。


イベント概要

イベント名:ASIA CLIMATE SUMMIT 2023 -Harnessing the Power of Markets and Collaboration-

日時:2023年10月24日(火)~26(木) 8:00~18:00

会場:虎ノ門ヒルズフォーラム(東京都港区虎ノ門1-23-3 虎ノ門ヒルズ森タワー5階)

内容:全体会議、基調講演、トークセッション等

主催:国際排出量取引協会(The International Emissions Trading Association, IETA)

Webサイト:https://www.ieta.org/


スピーカー(順不同)


経済産業省 環境政策課 課長補佐 太田 優人氏

プノンペン経済特区等での勤務後、経済産業省産業創造課にてオープンイノベーション税制・DX税制創設、産業競争力強化法改正等を担当。2021年より現職にて「GX実現に向けた基本方針」策定や20兆円規模のGX経済移行債発行・投資促進策・カーボンプライシング・GX推進機構等の検討、脱炭素関連スタートアップ支援事業の創設等を担当。



三菱UFJ銀行 ディレクター 志村 幸美氏

2020年4月三菱UFJ銀行に入行、カーボンクレジットを含むサステナビリティの取組みを推進。プロジェクト組成、炭素会計、CDMやJCMの方法論開発からクレジット発行迄、環境に係る広範な事業領域で約20年の経験を持つ。それ以前は三菱UJFモルガン・スタンレー証券、地球環境戦略研究機関(IGES)、国際エネルギー機関(IEA)に勤務。




東京大学 FoundX ディレクター 馬田 隆明氏

University of Toronto卒業後、日本マイクロソフトを経て2016年から東京大学。東京大学では本郷テックガレージの立ち上げと運営、2019年からFoundXディレクターとしてスタートアップ支援とアントレプレナーシップ教育に従事する。著書に『逆説のスタートアップ思考』『成功する起業家は居場所を選ぶ』『未来を実装する』。



株式会社ExRoad 代表取締役CEO 木村 圭佑



【本件に関する問い合わせ】

info@exroad.jp

Comments


bottom of page